間違ったフォームの腹筋ローラートレーニングから酷い腰痛を

ここ数年で確実にお腹周りの贅肉を意識する様になった私ですが、最初に取り組み始めた様々な腹筋トレーニングの効果が思う様に得られず、とうとう手を出したのがいわゆる腹筋ローラーと呼ばれるアイテムでした。
床に四つん這いになって膝を突いたり腕立て伏せと同じ体勢を取り、両手でローラーのハンドルをホールドして身体を前後上下に伸縮させると強烈に腹筋に刺激が加わり、腹筋の強化とその周囲の脂肪燃焼に抜群の効果が得られるというもの。私はその宣伝に謳われている劇的な効果だけを見て飛び付いてしまったのですが、購入した当初はその裏に隠された大きなリスクの事までは全く頭に入らなかったのです。
腹筋ローラーでのトレーニングは上手く腹筋を活用しないと思わぬ怪我やトラブルを引き起こしてしまいます。初心者がやりがちなのは、無理矢理身体を元の状態縮め引き起こそうとして限界を超えて二の腕や腰の筋肉を使ってしまう事で、これにより酷い腕の筋肉痛、そして腰痛を引き起こしてしまう危険性が高いのです。
私が腹筋ローラートレーニングを始めてすぐに違和感を感じたのは腰。元々腰に大きな負担が掛かる様な間違ったフォームでトレーニングを続けてしまったのが原因なのですが、間違ったフォームである事に気付かずしばらく我慢して続けてしまい、余計に腰痛を酷くさせてしまったのでした。初心者用とされる比較的負担の軽い、膝を突いた状態でのトレーニングだった事も油断を招いてしまったのでしょう。
2日に1度というペースの腹筋ローラートレーニングを始めて約2週間で腰に限界を感じてしまい、ようやくストップを掛ける事が出来ました。ただその頃には起き上がり歩くだけでピリピリと腰に痛みが走る様になってしまったのです。
余程無理な体勢にでも至らない限り、我慢出来ない様な痛みに襲われるケースは無かったものの、当然激しい運動やトレーニングはしばらく一切控えなければならなかったのは待ち論の事、その間は常に温湿布を貼り痛みを緩和させる事が必須でした。
その間は腰にあまり負担や刺激の加わらないプールを中心としたメニューに切り替え、騙し騙しトレーニングを続けてきたものでしたが、想像以上に腰痛の根が深かった様で、多少激しい動きをしても痛みが完全に感じられなくなるまでには1ヶ月以上の期間を要する事となってしまいました。
現在は腹筋ローラーによるトレーニングも再開しているのですが、今度は腰に負担を掛けない様、腰を上方に突き出した誤ったフォームを徹底して正し、腹筋だけに力が入る様なフォームを心掛けています。それにより前回の様なトラブルや痛みは発生していないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です